リン酸カルシウムとは?副作用と効果。


男の子の産み分け方法の一つに『リン酸カルシウム』があります。

リン酸カルシウムは、文字通り栄養剤になります。

元々は産まれてくる赤ちゃんの、先天線を予防するために開発されたものですが、リン酸カルシウムを飲まれていた人の男児出生率が多かった事から、男の子の産み分けにも使われるようになりました。

リン酸カルシウムを使用して男の子を産み分ける確率は約70〜80%との事です。

ただし、1日4錠を少なくても2ヶ月以上、継続しないといけなかったり、2日以上の飲み忘れは効果が無くなってしまい、最初にリン酸カルシウムを始めた時から、再スタートになるようです。

副作用の恐れは?

飲用を続ける上で心配になってくるのが、『副作用』です。

特に赤ちゃんの事になると神経質になりますよね。

産み分け方法の一つとされている「リン酸カルシウム」は、鉄・リン・カルシウムが含まれる栄養剤です。

人間の体の中では、主成分とした代表的なものに、「歯」が挙げられます。

ですので過剰に摂取しなければ、体に影響はありませんが、過剰摂取するとカルシウムの吸収が悪くなり、場合によっては腎臓機能障害などの病気になってしまいます。

また、リン酸カルシウム以外の方法としては、産み分け潤滑ゼリーを使った方法もあります。

こちらは、セックス前に膣内に注入しておく方法で、気軽に排卵日表に合わせて使う事が出来ますのでオススメです。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。