女の子の赤ちゃんが産み分けたい!

生まれてくる赤ちゃんは女の子でも男の子でもとても可愛いですが、二人目や三人目の赤ちゃんとなると「次は女の子が欲しい!」や「次は男の子がいいな〜」など希望が出てくることもあります。

特に日本では女の子の赤ちゃんを望んでいるお母さんも多く、100%ではありませんが、現在70%〜の確率で性別を産み分けられるとも言われています。

では、女の子の赤ちゃんの産み分けの方法とはどのようにすればいいのでしょうか?

赤ちゃんの性別が決まるには

赤ちゃんの性別は受精する際のX染色体とY染色体で決定します。

女性の卵子にはX染色体のみが存在しており、男性の精子にはX染色体を持つX精子とY染色体を持つY精子が存在します。

ですので、卵子とX精子が受精すれば、XX染色体で女の子が生まれ、Y精子が受精すればXY染色体で男の子が生まれることになります。

またX精子とY精子にはそれぞれ特徴があります。

【X精子の特徴】
● 酸性に強くアルカリ性に弱い
● 寿命が2~3日
● Y染色体よりも数が少ない
● 動きが遅い

【Y精子の特徴】
● アルカリ性に強く酸性に弱い
● 寿命が1日
● X染色体より数が多い
● 動きが早い

この特徴を見るとY染色体の方が多いので男の子が生まれやすく感じますが、一概にそうではないのが現状です。

女の子を産み分けるには?

先ほどの精子の特徴を生かし、X精子をいかに多く卵子に届けるかで女の子を産み分け出来る可能性が上がります。
女の子を産み分ける方法での重要なポイントは・・・

ズバリ、最適なタイミング!&最適な環境!

◇最適なタイミングは排卵日の2日前!

女性の膣内は普段は酸性です。そこから排卵日に向けて膣内がアルカリ性になるという特徴があります。

その為、酸性に強いX精子を多く卵子に届けるために排卵日2日前ほどの性交を行うことで可能性を高めます。 産み分けタイミング

事前に排卵日の2日前を正確に知ることでより女の子の産み分けの可能性を上げることができます。

排卵日は月経周期が一般的な28日の女性の場合は、月経開始日のおよそ14日前に訪れると言われていますが、
個人差があるため、確実に「この日」と特定するのは難しいとされています。

排卵日の予測には、排卵日計算のシステムやアプリなどを使用することで簡単に予測することが可能です!

排卵日予測の計算システムを使用することで排卵日予測の正確性が上がり、女の子の産み分け確率を上げることにつながります。

◇女の子用の産み分けゼリーで最適な環境作り!

排卵日を正確に知り、女の子の産み分けに適した日がわかったことで、女の子の産み分け確率も上がると思いますが、それだけでは不安もあると思います。

最適なタイミングに精子に最適な環境を与えて上げることでさらに女の子の産み分け確率を高めたいところです。
そこでお勧めしたいのが膣内環境を酸性に傾ける産み分けゼリーです。

産み分けゼリーは各社出ておりますが、下記の産み分けゼリーは最適なタイミングをお知らせする排卵日計算システムが購入者特典でプレゼントされます!

さらに実績もあり、産み分けゼリーと併用で使える排卵日予測システムとの併用で78%という高い成功率を出しています。口コミにもありますが、各社エコー写真ですが、ハローベビー潤滑ゼリーの口コミは母子手帳です。これは確実に赤ちゃんを授かったということで、口コミにも信頼性が高いですね。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。