女の子が生まれた!その方法とは?

女の子を産みたい人が増加中。その理由とは

最近、産み分け法を紹介したウェブサイトが多く見られるようになってきました。その中でも、特に女の子を産み分ける方法に注目が集まっているようです。

「男の子より育てるのに手がかからない」「かわいい服を着させられることができる」などの理由から、女の子を産み分けたいと考える人が多いようです。

女の子を産み分けるには

今まで数多くの産み分け方法が考案され、実践されてきましたが、現在では膣内分泌液のpH(ペーハー)の状態にあわせてセックスをする事が信憑性の高い方法と言われています。

具体的に言うと、女の子を希望している方場合、膣内が酸性状態である排卵日の2日前を基準にセックスをする事で確率が高くなります。酸性状態だと「女の子が生まれる」傾向が強いX精子の動きが活発になるのがその理由です。

さまざまな産み分け方法、信憑性は?

•中国式カレンダー
•食事による体内調整
•排卵日計算(排卵検査薬などを使用)
•病院に通う
•産み分け潤滑ゼリーの使用 etc…

巷では、ブログをはじめとしたインターネットの普及により、産み分けに関する情報が溢れています。情報の中には信憑性のない、産み分けの失敗につながるものも多く見られます。果たして実際に産み分けは可能なのでしょうか?成功率の高い、産み分けの方法とタイミングを詳しく見ていきましょう。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。