産み分けで知られるライム洗浄(クエン酸洗浄)とは?

「ライム洗浄」とは、ライム果汁の酸性成分を膣内に注入して洗浄する「クエン酸洗浄」の一種です。

ライム果汁と使い捨てビデを用いる方法となりますが、果たしてこの方法は産み分けにおいて効果的なのでしょうか?

ライム洗浄のpH値と安全性

まずpHとは、酸性・中性・アルカリ性を調べるための数値です。pH7を中性とし、pH7よりも小さい値は酸性、pH7よりも大きい値はアルカリ性とされています。
値が小さければ小さいほど酸性が強く、値が大きければ大きいほどアルカリ性が強いということになります。

では、クエン酸を豊富に含むライムのpH値はどうでしょうか。

上図でも分かるように、クエン酸は「pH2」前後です。つまり、ライムはクエン酸と同じ「pH2」前後であると言えます。

【 安全性に関しては・・・ 】

  • 膣内のpH調整で科学的根拠は産婦人科でも報告されているが、クエン酸洗浄の成功率などについての報告はない。
  • 自分で果汁を絞ることで、何かしらの雑菌が混ざり膣内に入る可能性が高い。
  • 酸性が強すぎた場合、膣炎を起こすリスクがある。
  • 大体の量でライム果汁を加えるため、最適なpH値が不明である。

ライム洗浄は手軽に取り入れやすい反面、このような問題もあるので注意が必要です。
不安がある場合、産み分けを目的とした製品を使用するなど、安全が確認できている方法を選択するようにしましょう。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。