女の子の産み分けの方法別の成功と失敗

男性が男の子を欲しがるように、女性も同性である女の子を欲しがる傾向にあります。
特に二人目は女の子をと切に願う方が多いのも頷ける気がします。

中国では一人っ子政策から跡取りとして男性を望むことが多く、2008年の中国の男女比の調べでは、2020年頃には男性余りになるようです。

さて、女の子の産み分けの希望が多い日本の場合はどうでしょう?

日本で盛んに行われている産み分けの方法には、病院で体外受精として行う着床前診断と頚管粘膜(膣内)のpH(ペーハー)を調節する方法と中国式産み分けカレンダー等があります。

着床前診断

膣内pH(ペーハー)調節方法

一般的に産婦人科などで行われている、もっとも成功率が高く安全な膣内分泌液のpH(ペーハー)による産み分け法が主流です。

中国式産み分けカレンダー

食事からpH(ペーハー)を調節する方法もチラホラありますが、男の子望むときのリン酸カルシウムを使用する方法以外は、食事から体のpH(ペーハー)を調節するということは出来ません。
なぜなら体には恒常性という体質を均衡に保つという性質があるためです。

女の子を生み分ける最も成功率の高い方法は、病院で行う着床前診断と膣内を弱酸性に保ちセックスする専用の潤滑ゼリーを使用する方法に限られます。

また、成功率の高い潤滑ゼリーも衛生的に使用しなければ、女性器の感染症やカビ等の原因にもなります。

成功率78%で希望の性別の赤ちゃんが!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。