赤ちゃん(子供)2人目、3人目は産み分けにチャレンジ

これまで産み分け法と言えば、ほぼ科学的な根拠の乏しい占いや陰陽道に頼ったものばかりでした。
ですが、最近では産み分けを実践する産婦人科も増え、100%の確率には及びませんが、科学的根拠に基づいた安全な産み分け法が確立されつつあります。

また、既に欧米では100%に近い産み分けが可能となっており、パートナーの同意の上、実践されています。

皆さんは生み分け肯定派ですか?それとも神様に任せたいという否定派ですか?

初産では性別を神様にまかせ、2人目、3人目は希望する性別を産み分ける風潮が高まり、今では一般的に行われています。

【 2人目、3人目の産み分けの理由として 】
・赤ちゃん2人目は1人目と違う性別の子供が欲しかった。
・子供は1人と決めていたので希望する性別の子供が欲しかった。
・男の子の跡継ぎが欲しかった。
・女の子にかわいい洋服が着せたかった。
・夫(or妻)が赤ちゃんの産み分けを希望した。
・すでに兄弟(or姉妹)がいるので、3人目は別の性別の子供が欲しかった。
・女の子(or男の子)の方が、育てやすそうだったから。

テレビCMでも「ふたりめ」が話題に

ふたりめの子供が欲しいという話になり、お父さん、お母さん、娘がそれぞれの立場から意見を交わすタマホームのCM「ふたりめ会議」が、その内容のリアルさから、今話題になっています。
「ふたりめ会議」のストーリー同様、新しい家族を迎えるにあたり、育児の分担やお金のこととあわせて、男の子が欲しい、女の子が欲しいという希望の性別についても、議題となっている家庭が少なくないのではないでしょうか。
次に産み分けで重要なポイントを女の子、男の子別に紹介します。

産み分けポイント表

女の子 希望

男の子 希望

1. 狙うのはX精子
2. セックスは排卵日2〜3日前に
3. 女性がオーガズムを感じないこと
4. 浅く挿入できる体位であっさり性交
5. 膣内を酸性にする「潤滑ゼリー」の使用
1. 狙うのはY精子
2. セックスは排卵日に
3. 女性がオーガズムを感じること
4. 深く挿入できる体位で濃厚な性交
5. 膣内をアルカリ性にする「潤滑ゼリー」の使用
女の子になるのはX精子です。
X精子はY精子と比較して酸性に強く、Y精子にくらべて寿命が長いです。
寿命が長いX精子は、排卵日までの間を卵管内で待つことが可能なので、女の子を授かるには排卵日の2〜3日前にセックスすることが大切です。
また、X精子が酸性に強いという特徴を生かすために、腟内をアルカリ性にしないよう、女性がオーガズムを感じない事が大切です。女性が大きな興奮を得ると子宮頚管からアルカリ性の粘液の分泌が起こってしまいます。
さらに腟の出口付近で浅く挿入して、そこで射精すれば、精子が腟内の酸性ゾーンにいる時間が長くなるため、酸によってY精子の動きが鈍くなり、よりX精子の受精率を上げられます。
男の子になるのはY精子です。
Y精子はX精子と比較してアルカリ性に強く、X精子にくらべて寿命が短いです。
寿命が短いY精子にとって、排卵までの間を卵管内で待つのは大変過酷なため、男の子を授かるには排卵間際、または排卵直後にセックスすることが大切です。
つまり排卵日にセックス、それも1回でなく、2〜3回と回数を増やすべきでしょう。
また、Y精子がアルカリ性に強い特徴を生かすために、通常酸性である腟内をアルカリ性にすることです。
それには女性がオーガズムを感じるのが効果的で、女性が大きな興奮を得ると子宮頚管からアルカリ性の粘液の分泌が起こります。さらに腟深く挿入して、射精すれば精子が腟内の酸性ゾーンにいる時間が短くて済むため、よりY精子の受精率を上げられます。
【 産み分けポイント 共通 】
一番の基本はやはり『基礎体温』になります。基礎体温を測ることからスタートです。
できれば自分の排卵周期を知るため、1~2カ月間、朝目覚めたら体温を測りましょう。
また、より産み分けの成功率を上げる為に、潤滑ゼリーの使用もオススメです。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。