男の子を産み分ける方法と成功率

男の子の産み分けを成功させる確率で最も高いものは、病院で行う着床前診断です。

着床前診断での男の子の産み分け確率は約90%程度と言われています。

着床前診断とは

着床前診断は精子を採取し、男性精子だけを選別し着床させるというものです。
費用は10万円以上するものがほとんどで、海外で行うものも多いのが現状です。

他に男の子を産み分ける方法として確率の高いものは産み分け用の潤滑ゼリーを使用する方法があります。

産み分け用の潤滑ゼリーとは

日本で最も多く使われている男の子用産み分けゼリーは、セックスする直前に専用の容器から膣内にゼリーを注入し、膣内をアルカリ性に保つことで、女の子精子の動きを弱めて男の子精子の着床を促します。

どの製品もほぼ同様の成分を使用していますが、使用方法が若干違います。

「一般的な男の子産み分け潤滑ゼリー」仕様の違い

○産み分け潤滑ゼリーA

ゼリーインタイプの容器で、1回ずつ使い切りの衛生パックに入っており、セックス直前にすぐ使うことが出来ます。

○産み分け潤滑ゼリーB

挿入用容器は使う度に殺菌洗浄し、ゼリーは毎回湯煎で溶かして、挿入用容器にゼリーを移して使います。

 

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。