中国式産み分けカレンダーとは?

最初の子供は天に任せて。ですが二人目や三人目は男の子が欲しいや女の子が欲しいなど、産まれてくる子供の性別に希望が出てくることがあります。

産み分けカレンダーとはどのようなもの?

今でこそ医療や科学が進歩して子供が生まれる原理がわかっておりますが、医療の発達していない時代から実は産み分けは存在していました。特に昔は後継問題などが、現在より強くありましたので、男の子を欲する傾向が強くありました。

産み分けカレンダーの歴史は古く、遡ること700年以上前の元の時代の中国に中国式産み分けカレンダーが発明されています。

この産み分けカレンダーは、古代中国の科学者が出生記録から統計を取り作成されたものです。700年以上も前のものですが、未だに使用されています。

産み分けカレンダーは当たるのか?

こちらに関しては真偽のほどは定かではありませんが、中国では90%近いと言われています。ですが、科学的根拠はなく、信頼できるデータなどもない為、的中率は定かではありません。産み分けカレンダーですが、

同じアジア圏のもので、あくまで中国式産み分けカレンダーで、日本式産み分けカレンダーではありませんので、「当たるも八卦当たらぬも八卦」ぐらいで留めていただいた方がいいかもしれません。

産み分けカレンダーに変わる産み分けゼリー

中国式産み分けカレンダーは700年以上前からありますが、医療・科学が発達した現代では産み分けの仕組みがどんどんとわかってきました。それにより現在では産み分けゼリーが簡単に始められる産み分け方法として人気が出ています。

膣内環境を整え、希望の精子が受精しやすくする産み分けゼリーは産み分け確率も80%近い数値の実績があります。

産み分けシステムと潤滑ゼリーの掛け合わせ

産み分けに重要な2つの要素は排卵日を正確にわかることと、希望の性別の染色体を持った精子が卵子と受精することです。

産み分けゼリーは精子が活動しやすいように膣内環境を酸性、アルカリ性に傾ける為に作られています。タイミングでいうと女の子であれば排卵日の2日前、男の子なら排卵日当日です。

ただし、排卵日のタイミングには個人差があり、体調などにによっても変化します。

その為、排卵日を予測し希望の性別の赤ちゃんが産まれる確率の高い日を教えてくれる産み分けシステムと産み分けゼリーの2つを使用するハイブリッドな産み分け方法が生まれました。このハイブリッドな産み分け方法では約78%のママさんが希望の性別の赤ちゃんに出会える結果となりました。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。