一般的な女の子産み分け潤滑ゼリーを排卵日に使ったときの確率

一般的な女の子産み分け潤滑ゼリーは、頚管粘液の少ない排卵日の2日前から使うことが有効なようです。

排卵日の2日前、前日に一般的な女の子産み分け潤滑ゼリーを使用し、頚管粘液が酸性に傾いている状態での使用が成功の確率を上げます。

逆に排卵日当日は男性精子も活性が高くなるので前日・前々日が狙い目です。

どちらにせよ一回の射精で男性精子と女性精子が50%ずつと考えた場合、男性精子の活性を抑制させるため女の子を多少妊娠しやすくなるのも事実です。

パートナーと良く相談して行うことが、トラブルを避けるためにも大切なことになります。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。