ブラジル式、中国式の産み分けカレンダー(産み分け表)について

産み分け表、産み分けカレンダーとして有名なふたつを紹介します。

ブラジル式産み分けカレンダー

カレンダーは縦がお母さんの満年齢、横が受胎月となっており、2つの合わさるところが産まれる赤ちゃんの性別結果を表しています。
受胎月とは、妊娠をした月(したい月)を指します。

 

中国式産み分けカレンダー

ブラジル式産み分けカレンダー同様、
カレンダーは縦がお母さんの年齢、横が受胎月となっており、2つの合わさるところが産まれる赤ちゃんの性別結果を表しています。

ただし、年齢は“数え年”で、受胎日は“旧暦”でお考えください。

※数え年とは
生まれた時を1歳として、1月1日ごとに1歳をプラスします。
その年に誕生日を迎えていない•••満年齢+2歳
すでにその年に誕生日を迎えた•••満年齢+1歳
となります。

※旧暦とは
太陰太陽暦(旧暦)は1年を354日とする考え方です。計算が非常に難しいので、インターネットでも旧暦カレンダーや、自動計算ツールがありますので、ご参考ください。

例えば、数え年31歳の方が、旧暦12月に受胎した場合は、男の子が生まれる確率が高い、ということになります。
この産み分け表は、現在も中国で広く使われていますが、あくまでも昔の統計を元にした結果なので、より確率を高めるために、科学的根拠のある産み分けゼリーの使用も注目され始めています。
それでは次に、科学的根拠に基づいた産み分け法について詳しく見ていきましょう。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。