産み分けゼリーの成功率とは?

産み分けゼリーの成功率(確率)とは?

産み分けゼリーでどこまで成功率が高まるのでしょうか?

生まれてくる赤ちゃんは女の子でも男の子でもとても可愛いですが、二人目や三人目の赤ちゃんとなると

「次は女の子が欲しい!」や「次は男の子がいいな〜」など希望が出てくることもあります。

そんな赤ちゃんの性別の希望を高める為に性交前に使用する潤滑ゼリーのことを産み分けゼリーと言います。

産み分けゼリーとは?

産み分けゼリーは、産まれてくる赤ちゃんの性別を希望の性別の産まれる確率をあげる目的で作られています。

腟内環境を酸性もしくはアルカリ性の状態へ調整することで、男の子の赤ちゃんまたは女の子の赤ちゃんの妊娠確率を上げる潤滑ゼリーです。
性交時に女性が膣内に注入して使用します。

少し前まで潤滑ゼリーは使用前に湯煎し、ゼリーを溶かす手間がありましたが、現在日本では、湯煎の必要のない数種類の産み分けゼリーが販売されております。

自然に任せた時の確率は?

通常、自然妊娠で産み分けゼリーを使用しない場合の確率は、赤ちゃんの性別は女の子・男の子どちらになるかは、50%です。

女性の卵子にはX染色体のみが存在しており、男性の精子にはX染色体を持つX精子とY染色体を持つY精子が存在します。

赤ちゃんの性別は受精する際の染色体で決定します。
図にするとこのようになります。

  • X精子が受精した場合・・・・・XX染色体で「女の子」が生まれます。
  • Y精子が受精した場合・・・・・XY染色体で「男の子」が生まれます。

産み分けゼリーの確率は約8割

産み分けゼリーを使用することで産み分け100%まではさすがに無理ですが、70%〜80%近くの成功率まで引き上げた実績もあるようです。

これは上記で説明したX精子とY精子の性質を利用し、産み分けゼリーは成功率を上げております。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。