産み分けゼリーのphとは?

産み分けゼリーph

産み分けゼリーのphとは?

女性の膣内環境を弱酸性や弱アルカリ性に傾ける産み分けゼリー。

通常、女性の膣内は外部からの雑菌の侵入を防ぐ為にphは酸性で3.5〜4.5になっています。これは食酢に近い酸性です。

ですが、排卵日が近づくと女性の膣内のphが弱酸性から中性まで傾きます。phは4.0〜6.0になります。
※膣内のphの傾きには個人差があります。

このphが産み分けには大きく関わっており、この酸性かアルカリ性かをコントロールし、より希望の赤ちゃんを産み分けしやすくする為に使用するのが産み分けゼリーです。

なぜ産み分けにphが関係するのか?

これは精子の性質に関連しています。通常産まれてくる赤ちゃんの性別は男女50%ずつです。精子にはX染色体を持つX精子とY染色体を持つY精子のどちらかが受精する事で性別が決定します。

このX精子とY精子は「酸性に強いX精子」、「アルカリ性に強いY精子」という特徴があります。この特徴と膣内環境を合わせる事で産み分けの成功率が変わってきます。

ph値

産み分けゼリーphはどれぐらい?

産み分けゼリーのphは各社まちまちですが女の子用の産み分けゼリーなら弱酸性に傾けられており、

男の子用の産み分けゼリーは弱アルカリ性に傾くように調整されているものが多い。

強酸性、強アルカリ性になぜしていないのか?

と疑問が湧くと思いますが、phの数値に関しては、酸性が強ければ強いほど女の子が産まれやすいということではない為、産み分けゼリーは弱酸性や弱アルカリ性となっています。

強酸性や強アルカリ性にする事で体内に影響が出ては元も子もありません。

弱酸性や弱アルカリ性は効果がなさそう。と思われる方もおられるかもしれませんが、そんなことはございません。

事実、弱酸性・弱アルカリ性の産み分けゼリーで78%という高い確率の産み分け成功率の実績があります。

産み分け特集:産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う。

産み分け成功率78%で希望の性別の赤ちゃんに出会う

産み分けの最適なタイミングと最適な環境を作り出す、産み分けゼリーと排卵日予測システム「ハローベビーチェッカー」!

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分や一般化粧品に関する情報も含まれています。よって一般の食品や化粧品同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。